「#あちこちのすずさん」 ~教えてください あなたの戦争~ エピソードや写真を募集します

 戦時中の市井の人々の営みを伝えたアニメ映画「この世界の片隅に」(2016年)をご存知ですか。北海道新聞はNHKや全国の新聞社、ネットメディアと連携し「#あちこちのすずさん」キャンペーンとして、映画の主人公、すずさんのように、戦禍の日々を懸命に生きた人々のエピソードや写真を募集します。

 忘れられない食べ物、おしゃれに恋、家族や仕事―。戦地の話ではなく、戦時中を懸命に生きた市井の人たちの身近な思い出話、祖父母や両親などから聞いた戦時中の息づかい、エピソードや写真をお寄せください。

「『どうせ死ぬなら』と、空襲で燃える港を夫婦で眺めた祖父と祖母。覚悟を決めると全て美しく見えるらしい」

「防空頭巾の裏にリボンをつけておしゃれを楽しんだ」

「ばーちゃんと婚約したじーちゃんが、軍需工場で鉄くず盗んで、ばーちゃんに指輪を作って持ち帰った」

「夜中の空襲。『ラジオだけは…』と祖母。祖父はそれを抱えて家族と命からがら山へ。朝、祖父の手には枕が…」

 2020年は、終戦から75年となります。戦争体験を語り継ぐことは日々、難しくなっています。こうしたエピソードを語り継ぎ、戦争を2度と起こしてはならないと、若い世代へ伝えていきます。

 このページ下にある投稿フォームのほか、「みなぶん」LINE、お手紙やファクスでも受け付けます。団体などからの投稿も歓迎します。写真はメールかSNSでお願いします。

エピソードの投稿は400字以内※紙面掲載時には電話などで確認した上で要約させていただきます。

住所、名前(ペンネーム・匿名可)、メールアドレス、電話番号、性別、年齢を明記してください。

〒060・8711 北海道新聞編集局報道センター「#あちこちのすずさん」係
※郵便番号のみで、住所は不要です

ファクスは「#あちこちのすずさん」係 011・210・5592

メールは北海道新聞報道センター sapporo@hokkaido-np.co.jp

みなさまの投稿をお待ちしています。

エピソードを送る

PR
ページの先頭へ戻る