STOP詐欺被害

 札幌市厚別区の70代女性が25日、警察官を名乗る男らに現金約250万円を盗まれたと、札幌厚別署に届け出た。同署は、おれおれ詐欺に似た窃盗事件とみて調べている。  同署によると、...

STOP飲酒運転

 【倶知安】24日午前3時10分ごろ、後志管内倶知安町南4西3の路上で、近くに住む男性(84)がけがをして倒れているのを通行人が見つけ、110番した。男性は複数箇所を骨折する重傷。...

<時評 論壇>中島岳志

 1989年、東ヨーロッパで革命の連鎖が起きると、その波がルーマニアにも押し寄せた。独裁的なチャウシェスクが民主化勢力を弾圧すると、国軍が政権に反旗を翻し、武装衝突が起きた。その結...

<時評 文芸>佐々木敦

砂川文次「臆病な都市」 感染症が暴く「民意」 松原俊太郎「ほんとうのこといって」 凄まじく面白い  砂川文次「臆病な都市」(「群像」4月号)は「新型感染症」をめ...

ニュース虫めがね

 Q 東京高検の黒川弘務検事長が辞表を出すきっかけになった「賭けマージャン」って何なの?  A マージャンに参加した人同士で、お金や物を賭けて勝負することだよ。お金が一般的だね。...

哀惜

 雪だるま形の発泡スチロール容器に雪を詰め、胆振管内早来町(現安平町)から全国に発送する事業を1986年に始めた。ほかにも、雪だるま関連のグッズを次々と発案。人を驚かせ、幸せにした...

憲法はどこへ

 札幌市の道子さん(58)=仮名=は20年ほど前のある夜を今も忘れられない。  末期がんを患った父が、病院のベッドの上で「早く死なせてほしい」と泣いた。何日も「痛い、苦しい」...

憲法はどこへ 第1部 どう考えますか 子どもの貧困

 経済的困窮の中で生きる子どもや家庭を取材した連載「どう考えますか 子どもの貧困」(11月7~9日朝刊)に対し、読者からさまざまな意見や感想をいただいた。多くに共通していたのは「自...

憲法はどこへ 第2部 どう考えますか 家族

 結婚や家族について書かれた憲法24条に関連し、多様化する家族の形や取り巻く課題を報告した連載「どう考えますか 家族」(2月16~20日朝刊)には、読者から電子メールや手紙などで9...

憲法はどこへ 第3部 どう考えますか 生と死

 札幌市の道子さん(58)=仮名=は20年ほど前のある夜を今も忘れられない。  末期がんを患った父が、病院のベッドの上で「早く死なせてほしい」と泣いた。何日も「痛い、苦しい」...

1 ~ 10件/164件
ページの先頭へ戻る