1 ~ 5件/5件
家庭を築き、仕事もこれからという時、がんになったら…。今年「精巣がん」と判明し、4カ月後、職場に復帰した北見報道部の和賀豊記者(36)が、手術や薬物治療による闘病経験や復帰後の生活を通じ、若年層の目線からがんとの向き合い方について考えた。(5回連載します)
ページの先頭へ戻る