道新ポケットブック

※表紙をクリックすると読むことができます

道新ポケットブックとは?
  • 2020年11月号

    気になっていることを、今から 元気なうちに終活

    気になっていることを、今から 元気なうちに終活

    「終活」とは人生の締めくくりを意識しながら自分らしく生きるためのプランを立て、亡くなった後にも備えること。もしものことがあったとき、家族にはさまざまな手続きや届け出が求められます。あらかじめ自分の意思を伝えておけば、残される家族はどんなに心強いことでしょう。本誌では「財産の相続」「お葬式とお墓」「遺言書とエンディングノート」の3項目に絞って基礎知識を紹介します。

  • 2020年9月号

    作ってあんしん、防災食 もしもに備えるレシピ

    作ってあんしん、防災食 もしもに備えるレシピ

    災害時において、食事は心身の疲れを癒やし、活力になります。本誌では、さまざまな制限を想定しながら備蓄食材で作る「防災食レシピ」を紹介します。グループや学校など大人数の場合にも試しやすい一部メニューには50人分の材料も掲載。自宅の備蓄を見直し、味や活用の仕方を把握する参考にしていただける一冊です。

  • 2020年7月号

    日々の食卓に たまごレシピ

    日々の食卓に たまごレシピ

    卵は私たちの暮らしに身近で使い勝手のよい食材です。卵を使った主食をはじめ、おかず、手軽に調理できるレシピのほか、卵が主役のスイーツも紹介します。また、料理をおいしく仕上げるためにあらためて押さえておきたい「三大特性」や「栄養成分と働き」、「保存方法」や「賞味期限」などについて、写真付きでわかりやすく伝えます。

  • 2020年5月号

    身近なともだち 町の鳥 野の鳥

    身近なともだち 町の鳥 野の鳥

    自然に恵まれた北海道は「野鳥」の宝庫。普段の暮らしのシーンでも姿をよく見かけますが、名前すら知らないという人も多いのではないでしょうか。本誌では、市街地でも見られる野鳥を「町の鳥」、主に郊外をすみかにしている野鳥を「野の鳥」と分類。ごく身近な31種類の野鳥の名前、鳴き声などの特徴をまとめて写真やイラストで紹介します。観察のマナーやポイント、知っておきたいミニ情報も掲載しています。

  • 2020年4月号

    お昼は麺でささっと

    お昼は麺でささっと

    普段の昼ごはんは、ささっと手軽に済ませたいという人にピッタリなのが麺料理。うどん、そば、パスタ、中華麺、そうめん、米粉麺など、麺の種類別に15分以内で完成する簡単な料理を紹介します。電子レンジを効率よく使う、合わせ調味料を活用する、切り方を工夫するなどの「時短ポイント」も掲載。手軽でおいしい、実用的なレシピ集です。

  • 2020年3月号

    いろいろできる フライパンクッキング

    いろいろできる フライパンクッキング

    焼いたり、炒めたりするのに大活躍するフライパン。後片付けや手入れが楽なため、身近な調理器具として親しまれています。本誌ではフライパンのさまざまな使い方を提案。魚を煮たり、少量の油で揚げ焼きをしたり、お湯を張って蒸したりするレシピのほか、フライパンのスペースを分けて、2品を同時に作る方法も紹介します。またフライパンの材質別に留意したい点も掲載しています。

  • 2020年2月号

    元気のもとは食にあり いきいきレシピ

    元気のもとは食にあり いきいきレシピ

    人生100年時代といわれる中、どれだけ元気で若々しい自分を維持できるか。毎日を自分らしく過ごすためにも食生活は大きな鍵となります。専門家によるアドバイスを参考に、今日から始められる「食」と「食習慣」を取り上げます。「肌と髪を育む」「体形を維持する」「骨と筋肉をつくる」「腸内環境を整える」として紹介する料理では、レシピに使われている食材の栄養素と栄養成分も確認できます。

  • 2020年1月号

    思い出の味

    思い出の味

    ポケットブック2019年4月号で行ったアンケート「あなたの懐かしい料理は何ですか?」に寄せられた回答をベースに、寄せられた声の多かった料理や、これからも伝えたい味などをピックアップ。「また食べたい料理」「わが家のカレー」「ふるさとの汁物」「あの日のおやつ」のカテゴリーに分けて紹介します。料理研究家・東海林明子さんのコラムも掲載。
    ※2019年12月号は休刊させていただきました

ページの先頭へ戻る