フォトランドHOKKAIDO 春散歩

審査評  「春散歩」をテーマにした「フォトランド HOKKAIDO」は、82人から220点の応募がありました。咲き乱れる美しい花々や動物は生命の輝きを感じさせ、家族連れは花見を楽しみます。待ちかねた春の訪れに躍動感あふれる力作が多く寄せられました。  1席の「あふれる笑顔」は十勝管内大樹町の歴舟川河岸で撮影されました。魚眼レンズを使い遠近感を誇張。色とりどりのこいのぼりに手を伸ばす親子の笑顔が青空に映え、印象的に引き立っています。  2席のうち「ファンタスティックな水面」は渡島管内森町の公園を流れる小川に浮かんだ桜の花びらです。川面の輝きの中で、散ってなお美しさを放つ花びらが幻想的です。  次に「暖かい春がやってきた」は胆振管内洞爺湖町にある牧場のヤギです。暖かな日差しを浴び、気持ち良く昼寝をしているようなヤギの表情がユーモラスです。  3席は3点です。「衣替え中のお散歩」は公園の散歩中に見かけたリスです。夏毛に変わりつつあるリスを愛らしくとらえました。  「桜味」は花見に一緒に行ったお孫さんを撮りました。シャボン玉を飲み込むかのような表情からは、歓声が聞こえてくるようです。  「春の川辺」は渡りの途中で川岸に集まったカモです。人が通りがかり、驚いて一斉に飛び立つ姿をタイミング良く撮影しました。 (北海道新聞社写真部次長 植村佳弘)

2016年6月4日北海道新聞夕刊掲載

1席

「あふれる笑顔」鈴木佳夫さん=岩見沢市

「あふれる笑顔」
鈴木佳夫さん=岩見沢市

2席

「暖かい春がやってきた」部田(とりた)茜さん=室蘭市

「暖かい春がやってきた」
部田(とりた)茜さん=室蘭市

「ファンタスティックな水面」高橋春子さん=函館市

「ファンタスティックな水面」
高橋春子さん=函館市

3席

「桜味」山下和子さん=後志管内倶知安町

「桜味」
山下和子さん=後志管内倶知安町

「衣替え中のお散歩」浅間和夫さん=札幌市

「衣替え中のお散歩」
浅間和夫さん=札幌市

「春の川辺」池田政人さん=旭川市

「春の川辺」
池田政人さん=旭川市

佳作

「ワーイ、春が来た!!」山田健二さん=札幌市

「ワーイ、春が来た!!」
山田健二さん=札幌市

「水に泳ぐこいのぼり」宮田芳明さん=札幌市

「水に泳ぐこいのぼり」
宮田芳明さん=札幌市

「大空に舞う」大鹿静彦さん=北見市

「大空に舞う」
大鹿静彦さん=北見市

「桜の下でお休み中」佐々木美津子さん=函館市

「桜の下でお休み中」
佐々木美津子さん=函館市

「桜が満開だよ!」佐々木せつ子さん=釧路管内釧路町

「桜が満開だよ!」
佐々木せつ子さん=釧路管内釧路町

フォトランドHOKKAIDOのコンテンツ一覧

もっと見る

次回のテーマは・・・

寒・暖

 次回、3月のテーマは「寒・暖」です。これから北海道は寒さが厳しい季節に入ります。日常生活の中で感じる寒さ、その寒さの中で感じるひとときの暖かさなど、自分なりに自由な発想で表現してください。


  • 応募点数は1人5点まで
  • 締め切りは2月13日必着
  • 3月2日の夕刊掲載

投稿規定

  • 投稿は、他のコンテスト、本紙の他のコーナーへの重複を(予定も含む)避けてください。
  • パソコンなどによる画像データの合成は不可です。被写体の肖像権には十分注意を払ってください。
  • 投稿方法はA4サイズ以下のカラープリントの郵送かメールに添付する画像データ(JPEG形式を推奨)の送信です。
  • 作品のタイトル、撮影の日時・場所を明記。撮影の状況や作品に込めた狙いなどを短文にまとめてください。
  • 投稿者の郵便番号、住所、氏名、年齢(紙面には原則掲載しません)、連絡用の電話番号も。
  • 郵送の宛先は〒060−8711(住所不要)、北海道新聞編集局写真部「フォトランド」係。
  • メールからの送信はこちらから。
  • 応募作品は返却しません。入賞作品は北海道新聞社のホームページなど電子媒体にも使わせていただきます。
  • 賞金は1席・5万円、2席・2万円、3席・1万円。
  • 応募は1人5点まで。
  • 問い合わせは写真部011・210・5644へ。
ページの先頭へ戻る