動画詳細

北と南の味なタッグ チカホでどさんこしまんちゅフェア

北海道と沖縄県の魅力を発信する「どさんこしまんちゅフェアin札幌」が7月18日、札幌駅前通地下歩行空間(チカホ)の北3条交差点広場で開幕した。道内と沖縄県の企業が協力して、地方創生を目指す「どさんこしまんちゅプロジェクト」の一環で初めての開催。道内6社、沖縄県内7社が出展した。会場では、泡盛やオリオンビール、黒糖など沖縄県の特産品のほか、カキの薫製など道産品も販売された。沖縄音楽のライブや三線演奏などのショーもあり、来場者らは出演者と一緒に手踊りをするなど盛り上がっていた。イベントは19日まで。

内容を見る
ページの先頭へ戻る