動画詳細

青の世界 入場5万人 東山魁夷特別展

 札幌市の道立近代美術館で開催中の特別展「東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展」の入場者が7月17日、5万人に達した。5万人目は札幌市の主婦竹本千恵子さん(69)。同美術館の立川宏館長から、図録などの記念品を贈られた竹本さんは「(5万人目となり)きょう見に来て良かった。実物は色合いの奥深さがすばらしいですね」と話していた。同展は6月8日に開幕。戦後を代表する日本画家東山魁夷(1908~99年)が10年を費やして完成させた奈良・唐招提寺御影堂の障壁画や、下絵などを展示している。7月28日まで。

内容を見る
ページの先頭へ戻る