動画詳細

風で自走、人工物に宿る命 「テオ・ヤンセン展」準備すすむ

[2019/07/09]

 風を動力源に疾走する作品「ストランド(砂浜)ビースト」を制作するオランダの芸術家テオ・ヤンセンの個展「テオ・ヤンセン展」が7月13日から札幌芸術の森美術館(南区芸術の森2)で開かれるのを前に、同館内で準備が進んでいる。今回は日本初公開の作品5点を含む12点と関連資料が展示される。実際に可動する作品も多く、同展プロデューサーの宮島弘治さんは「設計図のないアートなので組み立てが大変だが、本邦初の作品が多数あり、期待してほしい」と語っている。7月13日~9月1日、午前9時45分~午後5時30分。

内容を見る
ページの先頭へ戻る