動画詳細

レバンガ選手のスゴ技学ぶ 道新が小学生バスケ教室

[2019/07/01]

 レバンガ北海道と北海道新聞社などによる小学生対象のバスケットボール教室が6月30日、札幌市内の体育館で開かれ、午前午後合わせて100人が参加した。高学年と低学年に分かれ、レバンガ北海道の選手とアカデミーのコーチがボールの使い方や基本的な動きを指導。午前の部では、溝口秀人選手が高学年、川邉亮平選手が低学年を担当。ドリブルやシュートなどのお手本を見せて、子どもたちが実際にボールを手にすると、一人ひとりに動き方のアドバイスをしていた。練習後には選手と子どもたちの交流もあり、「好きなチームはどこですか?」など元気良く質問が出ていた。

内容を見る
ページの先頭へ戻る