動画詳細

クレインズが釧路市と包括連携協定 新ユニフォームも発表 

釧路市と、アイスホッケーの日本製紙クレインズの後継チーム「ひがし北海道クレインズ」(釧路市)は6月26日、競技を通じて互いのPRなどに取り組むことを目的とした包括連携協定を結んだ。協定は日本製紙時代の内容を基本に策定。市は広報誌へのチームの特集記事の掲載や長期滞在者へのPRなどで協力し、クレインズは釧路の魅力発信や各種イベントへの選手の参加、児童生徒らとの交流に努めるほか、他競技も取り入れた「総合型地域スポーツクラブ」の設立を目指す。ロゴの下に星形の市章があしらわれた新ユニホームも披露された。

内容を見る
ページの先頭へ戻る