動画詳細

ゲレンデ駆け上がり汗 旭川で柔道女子全日本合宿

 8月に東京で開かれる柔道の世界選手権大会に向け、旭川市内で強化合宿中の女子日本代表が6月13日、市内のスキー場「カムイスキーリンクス」で、斜面を駆け上がる坂道ダッシュを行った。心肺機能を高めるトレーニングで、コースは斜度が10~15度の250メートル。選手たちは大声を上げて気合を入れながら、全力疾走と休息を交互に行うインターバル走を3回行った。岩見沢市出身で57キロ級の玉置桃選手は「空気がきれいで気持ちよかった」と話し、コーチ陣も「この広さと距離が取れる坂道はない」と絶賛。

内容を見る
ページの先頭へ戻る