動画詳細

夕張支線4月1日廃止 炭都の盛衰見つめ127年

JR石勝線夕張支線(新夕張―夕張、16・1キロ)が3月末で運行を終え、4月1日に廃止される。1892年(明治25年)に開通し、127年の歴史を誇る支線は石炭の積み出しを担い、炭都・夕張と盛衰をともにしてきた。

内容を見る
ページの先頭へ戻る