動画詳細

宝塚音楽学校、道内から2年ぶり合格者

[2019/03/28]

未来のタカラジェンヌを育てる兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校(小林公一校長)で3月28日、107期生40人の合格発表があり、道内からはただ一人、小樽潮陵高2年の樽見楓南さん(17)が22・9倍の難関を突破した。北海道から合格者が出るのは2年ぶり。今年は道内の19人を含む915人が挑み、面接や歌唱、舞踊など3次にわたる試験を経て40人が選ばれた。合格者は4月18日に入学式を迎えた後、宝塚歌劇団のスターを目指し2年間の教育を受ける

内容を見る
ページの先頭へ戻る