動画詳細

復旧作業が本格化 胆振東部地震の被災地

胆振管内厚真町で9月6日未明、道内で初めて最大震度7が観測された胆振東部地震で、同町は11日、建物被害が少なくとも220棟に上っていることを公表した。今回の地震で深刻な被害を受けた市町村のうち、建物被害の概要が明らかになったのは初めて。一方、厚真町を中心とした被災地では自衛隊や開発局、道などが11日、約1万人態勢で、重機などによるがれきや土砂の撤去など復旧作業を本格化させた。

内容を見る
ページの先頭へ戻る