動画詳細

台風21号 道内に爪痕 倒木や土砂崩れ

9月5日朝にかけて北海道付近を通過し温帯低気圧に変わった台風21号は、道内に大きな被害をもたらした。後志管内倶知安町で最大瞬間風速42・4メートルを観測するなど記録的暴風が吹き荒れ、住宅や学校など建物の損壊が53市町で434件発生。札幌や滝川など5市で計6人がけがをした。6日午前0時現在で17市町の約3270戸で停電が継続。JRは札幌駅発着の快速や特急が夜まで運転を見合わせるなど計769本が運休し、約19万人に影響が出た。

内容を見る
ページの先頭へ戻る