動画詳細

むかわ竜、全身くっきり 化石のクリーニング作業終了

【むかわ】胆振管内むかわ町穂別地区で発掘されたハドロサウルス科恐竜化石(通称・むかわ竜)について、北大と同町穂別博物館は4日、化石を岩石から取り出して磨くクリーニング作業が終了し、一般的に考えられているハドロサウルス科恐竜の全骨格の体積の8割を超える骨がそろったと発表した。大型恐竜の化石でこれだけの量の骨が見つかったのは国内初という。

内容を見る
ページの先頭へ戻る