動画詳細

新政府専用機B777、千歳に到着 2019年度から運用

[2018/08/17]

 首相や皇族ら要人が使う新しい政府専用機(ボーイング777―300ER)2機のうち1機が8月17日午前、千歳市の航空自衛隊千歳基地に到着した。主翼と垂直尾翼に日の丸、胴体部に流線形の赤いラインが描かれている。機体整備や運航訓練の後、2019年度から運用を始める。エンジンは2基で全長73・9メートル。現行のエンジン4基のボーイング747―400より約3メートル大きい。燃費が改善し、航続距離が約千キロ延びた。残り1機は12月に配備予定。現行の2機は本年度で退役する。

内容を見る
ページの先頭へ戻る