動画詳細

プラレール博1000両ずらり  札幌コンベンションセンター

[2018/08/13]

 プラスチック製レールの上を走る模型の列車を集めたイベント「プラレール博」(実行委など主催)が8月11日、札幌市白石区の札幌コンベンションセンター(東札幌6の1)で始まった。1959年から販売されている鉄道のおもちゃ「プラレール」を、たくさんの人に楽しんでもらうのが目的で、今年で12回目。道内最大級の約千両の列車が展示されている。 畳36枚分の広さの「巨大ジオラマ」では、新幹線や貨物列車のほか、人気キャラクターや「新幹線変形ロボ シンカリオン」も走行している。午前9時~午後4時で、15日まで。

内容を見る
ページの先頭へ戻る