動画詳細

迷って楽しい巨大迷路 音更で子どもアート万博

[2018/08/06]

【音更】帯広大谷短大の学生たちが子供向けに制作したアトラクションなどを楽しむイベント「子どもアート万博」が8月4日、町内の旧東中音更小で開かれ、段ボールの巨大迷路などに子供たちの歓声が響いた。同短大子ども福祉専攻の2年生らが手がけた。段ボール220枚で体育館いっぱいに作られた迷路は、風船を敷き詰めた一角があったり、なぞなぞが張り出されていたりと工夫満載。子供たちはなぞなぞに答えるなどしながら、大はしゃぎで巡っていた。人形劇コーナーや細長い風船で犬などを作るバルーンアートも人気を集めていた。

内容を見る
ページの先頭へ戻る