動画詳細

親子?クマ3頭撮影 札幌市南区で酪農学園大チーム

ヒグマの出没が相次ぐ札幌市南区で、親子らしいクマ3頭が山林を歩いている様子を、酪農学園大野生動物生態学研究室の佐藤喜和教授のチームが無人カメラで撮影した。これまでに目撃されたクマと同じかは不明だが、出没多発地区から数キロ圏と近い。19日午前4時40分ごろ、豊滝市民の森に設置した赤外線センサー付きカメラで撮影。映像は1分間。子グマ2頭に続き、母グマらしい雌が出現し、3頭そろって茂みの奥に去っていく。去り際に子グマ2頭がじゃれ合う姿もとらえられている。佐藤教授によると子グマは1歳半~2歳だという。

内容を見る
ページの先頭へ戻る