動画詳細

アミメキリン「テンスケ」を公開 札幌・円山動物園

[2018/07/17]

札幌市円山動物園(中央区)は、6月に多摩動物公園(東京)から譲り受けた雄のアミメキリン「テンスケ」を7月17日から、アフリカゾーンのキリン館で一般公開した。アミメキリンは、くっきりとした網目模様が特徴で、1歳11カ月のテンスケは体長約3メートル、体重約500キロ。円山動物園によると「おっとりした性格」という。12日の事前公開でテンスケは、多数の報道陣に物おじせずに近づき、好奇心旺盛なところを見せた。屋外に出る練習も行われ、悠々と歩き回った。円山動物園は「キリンの迫力を実感してほしい」としている。

内容を見る
ページの先頭へ戻る