動画詳細

謎の緑の花 ヒスイカズラ開花

[2018/03/09]

フィリピン原産の絶滅危惧種「ヒスイカズラ」が北海道医療大の薬用植物園温室で花を開き始めた。鮮やかな緑色の花が宝石のように美しい。ヒスイカズラはフィリピン原産のマメ科植物で、同大では2002年に苗木から育て始めた。はじめて開花したのは05年で、以来毎年3月から4月にかけて花を咲かせている。花が見られるのは道内ではここだけという。「生態が不明で、謎が多い植物です」と、管理を担当する同大職員の大沼弘樹さん。開花は4月末ごろまで続く。同植物園は平日午前9時~午後5時まで開園、入場無料。

内容を見る
ページの先頭へ戻る