動画詳細

繁殖の夢 今年も50万匹 上川の2河川 サケ稚魚放流

[2010/03/25]

 石狩川水系でサケの天然繁殖を復活させようと、独立行政法人・水産総合研究センターさけますセンター(札幌)は24日、旭川市内の忠別川支流と愛別町の愛別川にサケの稚魚計50万匹を放流した。  環境保護団体「大雪と石狩の自然を守る会」(寺島一男代表)の「さけサポーターの会」などが呼び掛け、忠別川支流での放流には幼稚園児や地域住民ら約100人が参加。バケツに入った稚魚を次々と川に放し、元気よく泳ぎだす姿に歓声を上げた。 (3月24日朝刊 旭川版に掲載)

内容を見る
ページの先頭へ戻る