動画

<王位戦 第2局>木村が初手 2六歩

 将棋の第61期王位戦7番勝負(北海道新聞社主催)の第2局が13日午前、札幌市厚別区のホテルエミシア札幌で、いよいよ始まりました。  先手番は木村一基王位(47)、後手番は挑戦者の藤井聡太七段(17)。午前9時。立会人の深浦康市九段が「定刻になりました。木村王位の先手番で始めてください」と告げると、木村王位が少し下を向き、力強く「2六歩」と指しました。藤井七段は、お茶を飲み、おしぼりで手を拭き、「8四歩」と応じ、ここで記録係を除き、関係者は対局室を出ました。

内容を見る
ページの先頭へ戻る