おでかけ情報

子どもスポーツフェスタ2018

「走る」「跳ぶ」「投げる」「リズム」という運動の基本要素をテーマに、トップアスリートらが小学生を指導するイベント。
「A-BANK北海道」が指導者を派遣して協力。2018年で3回目になる。参加者を4グループに分け、各競技を40分ずつ体験してもらう。
「走る」の講師を務める仁井有介さん(34)は、陸上競技の2009年日本グランプリシリーズ100メートルの優勝者。「リズム」の講師は、ダンサーとして活躍するHIRAKUさん(48)。「投げる」は、女子野球元日本代表で世界一に輝いた金(こん)由起子さん、「跳ぶ」は北海道のダブルダッチ競技(縄跳びの一種)の第一人者の日高龍太郎さんが指導する。
当日は運動靴(上靴)、タオル、飲み物を持参し、動きやすい服装で。

▼申し込み
9月5日午前10時から札幌市美香保体育館へ申し込む。定員150人(先着順)
  • 日時

    2018年9月24日(月)

  • 会場

    札幌市美香保体育館
    札幌市東区北22東5

  • 地図

  • 料金

    1000円

  • 主催者

    さっぽろ健康スポーツ財団

  • お問い合わせ

    札幌市美香保体育館
    (電)011・741・1972

北海道新聞社のイベント
名義後援申請
ページの先頭へ戻る