イトーヨーカドー函館店 42年の歴史に幕 大型商業施設進出相次ぎ業績低迷

07/03 21:31 更新
大勢の買い物客が見守る中、正面玄関前で行われた閉店セレモニー=3日午後7時15分ごろ(中本翔撮影)
大勢の買い物客が見守る中、正面玄関前で行われた閉店セレモニー=3日午後7時15分ごろ(中本翔撮影)

 【函館】函館市郊外の美原地区で営業していた総合スーパーのイトーヨーカドー函館店が3日、閉店した。1980年に人口増加が進む同地区に出店して親しまれたものの、大型商業施設の進出が相次いで競争が激化。業績が低迷し、42年の歴史に幕を下ろした。

[PR]

残り:256文字 全文:473文字

続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒「閉店寂しい」「痛手」 イトーヨーカドー函館閉店に地域住民から惜しむ声
⇒ヨーカドー函館店 閉店まで2週間 客からのメッセージ続々
⇒「イトーヨーカドー恵庭店」解体 開発の礎「寂しい」

ページの先頭へ戻る