スケボー、堀米が3位で決勝進出 ローマ2022第4日

07/03 08:27 更新
男子準決勝で試技する堀米雄斗=ローマ(AP=共同)
男子準決勝で試技する堀米雄斗=ローマ(AP=共同)

 【ローマ共同】スケートボード・ストリートの2024年パリ五輪予選対象大会開幕戦、ローマ2022第4日は2日、ローマで準決勝が行われ、男子は東京五輪金メダルの堀米雄斗(ミクシィ)が254・60点の3位に入り、日本勢でただ一人、8人による3日の決勝に進出した。15歳の佐々木音憧は10位、東京五輪代表の青木勇貴斗(ボードライダーズジャパン)は12位で落選した。

[PR]

 女子は東京五輪銅メダルの中山楓奈(ムラサキスポーツ)が252・41点で首位突破。赤間凜音が3位、吉沢恋が4位、五輪金メダルの西矢椛(ムラサキスポーツ)が5位、織田夢海が6位で通過した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道のニュースがメールで届く
ニュースレターに無料登録
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る