<支部予選から>投打で健闘、勝利に導く 稚内大谷・荒木

07/03 05:00
6回を無失点に抑えた稚内大谷の荒木
6回を無失点に抑えた稚内大谷の荒木

◇名寄支部 稚内大谷5―0天塩・豊富

 稚内大谷の左腕荒木(3年)は6回を無失点に抑え、勝利の立役者となった。許した安打は先頭打者の1本のみ。立ち上がりが課題だったが、「取り返せるチャンスがある」と落ち着いていた。尻上がりに調子を上げ、8三振を奪った。「ここぞという場面に変化球で三振を取れた」と振り返る。

[PR]

残り:136文字 全文:288文字

続きはログインするとお読みいただけます。
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る