終了間際、コンサドーレ息切れ 数的不利から一時同点に(2日)

07/03 05:00
後半44分に勝ち越しを許し、ゴール前で肩を落とす札幌の選手たち(金田翔撮影)
後半44分に勝ち越しを許し、ゴール前で肩を落とす札幌の選手たち(金田翔撮影)

 札幌は数的不利の状況で懸命の追い上げを見せたが、最後は力尽きた。

 札幌は守備の連係ミスが目立った。前半9分、右クロスに対し、高嶺の背後で京都のウタカが一時的にノーマークになった。ゴール前で受けたウタカに押し込まれ、先制点を許した。札幌のピンチにポジションを下げた高嶺に、岡村がマークを受け渡した際、一瞬のずれが生じた形だ。

[PR]

残り:708文字 全文:870文字

続きはログインするとお読みいただけます。
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る