西胆振勢唯一の室栄は1点差で惜敗 夏の高校野球室蘭支部予選

07/02 19:43 更新
〔苫中央―室栄〕10三振を奪いながらも敗れた室栄の住吉
〔苫中央―室栄〕10三振を奪いながらも敗れた室栄の住吉
  • 〔苫中央―室栄〕10三振を奪いながらも敗れた室栄の住吉
  • 西胆振勢唯一の室栄は1点差で惜敗 夏の高校野球室蘭支部予選

 【苫小牧】第104回全国高校野球選手権南北海道大会(道高野連など主催)の室蘭支部予選は最終日の2日、A―Cブロックの代表決定戦3試合を行った。

[PR]

 西胆振勢で唯一、代表決定戦に臨んだ室栄は苫中央に4―5で敗れた。室栄は1―2の六回無死満塁から、佐藤(3年)の3点適時二塁打で逆転したが、直後の七回に主戦住吉(3年)がつかまり、3失点した。

 駒大苫小牧は5―0で苫南を、鵡川は4―2で道栄をそれぞれ下した。室蘭支部からはブロック代表3校が16日開幕の南北海道大会(札幌円山球場)に出場する。

残り:300文字 全文:543文字

続きはログインするとお読みいただけます。
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る