赤字のスキー場「残す」決断 沼田の町営施設、5億円投じ設備更新

06/29 10:55 更新
リフトの架け替えなど更新工事が進む町営高穂スキー場
リフトの架け替えなど更新工事が進む町営高穂スキー場
  • リフトの架け替えなど更新工事が進む町営高穂スキー場
  • 安全祈願祭でくわ入れの儀をする横山町長=5月20日

 【沼田】老朽化した町営高穂スキー場施設の更新工事が進められている。リフト架け替えとロッジ建て替えなどで工事費は約5億1千万円。全国でスキー場の閉鎖が相次ぐ中、大金を投じて赤字施設を存続させたのは、雪を利用したまちづくりと、スキー学校による人材育成への貢献があったためだ。

[PR]

 スキー場は1976年に開業し、休憩室と食堂を備えたロッジも同年に完成した。町教委によると当初は綱につかまってスキーで斜面を登るロープトウで稼働し、79年からは1人乗りリフトが運行している。

残り:551文字 全文:873文字

続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒夕張リゾート社長に小林氏就任 ホテル経営で実績、夕張市民歓迎
⇒ニセコ地域の冬の宿泊予約4倍に 前年比 9割が外国人
⇒楽しもう!マラソン&ピクニック 沼田で7月、初の催し

試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る