自作衣装の「仮面ライダー」洞爺湖に コスプレイヤーや痛車3年ぶり集う

06/25 17:12 更新
数カ月かけて自作した「仮面ライダー」のコスプレを披露する参加者
数カ月かけて自作した「仮面ライダー」のコスプレを披露する参加者
  • 数カ月かけて自作した「仮面ライダー」のコスプレを披露する参加者
  • アニメキャラクターが描かれた「痛車」の展示も行われた
  • 洞爺湖畔でコスプレ姿の撮影を楽しむ参加者たち

 【洞爺湖】全国からコスプレファンが集う「TOYAKOマンガ・アニメフェスタ」が25日、3年ぶりに洞爺湖温泉街や洞爺地区で開幕し、アニメキャラクターなどに扮(ふん)したコスプレイヤーらでにぎわった。

[PR]

 洞爺湖文化センター前の駐車場には屋台のほか、アニメキャラクターが描かれた「痛(いた)車」と呼ばれる車両が60台ほど並んだ。町道洞爺湖温泉大通り線が歩行者天国となり、湖畔には歌や楽器演奏のステージも設けられて家族連れなどでにぎわった。

 「仮面ライダー」シリーズのコスプレ姿で撮影を楽しんだ会社員西村拓海さん(24)=三重県=は「楽しみで昨日はなかなか寝付けなかった」と笑顔を見せ、屋台で牛串を焼いた伝(つたえ)正宏さん(70)は「久しぶりににぎやかな温泉街が見られた」とうれしそうだった。

残り:78文字 全文:518文字

続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒コスプレ、シバザクラに映え 滝上でイベント
⇒西胆振観光に復調の兆し インバウンド再来、問い合わせ相次ぐ施設も
⇒有珠アルトリ岬キャンプ場に再開発構想浮上 ジオパークの一角、関係者懸念

ページの先頭へ戻る