映画、ゲーム、ボウリングの3事業継続へ スガイディノス債権者説明会

06/07 21:43 更新
札幌市内で開かれたスガイディノスの債権者説明会
札幌市内で開かれたスガイディノスの債権者説明会

 札幌地裁に民事再生法適用を申請したスガイディノス(札幌)は7日、札幌市内で債権者説明会を開いた。同社は映画館、ボウリング場、ゲームセンターの3事業の承継を条件に支援企業(スポンサー)を決め、今秋には新たな経営体制への移行を目指す考えを示した。

[PR]

残り:575文字 全文:801文字

続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒北海道内企業倒産、5月は前年比2倍超 感染拡大長期化とコスト増で
⇒室蘭唯一の映画館が休業 スガイディノス再生法申請で 存続願う声相次ぐ
⇒旭川・苫小牧・室蘭の映画館休館 再生法申請のスガイディノス

ページの先頭へ戻る