家畜ふん尿利用し水素製造新会社 事業開始祝い式典 「しかおい水素ファーム」

05/30 15:24 更新
燃料電池車19台が並ぶ会場でテープカットする関係者=29日、十勝管内鹿追町(加藤哲朗撮影)
燃料電池車19台が並ぶ会場でテープカットする関係者=29日、十勝管内鹿追町(加藤哲朗撮影)

 【鹿追】家畜ふん尿によるバイオガスから水素を製造・販売する新会社「しかおい水素ファーム」(粕谷智樹社長)の事業開始を祝う式典が29日、同社事務所と水素ステーションがある十勝管内鹿追町の環境保全センターで行われ、町や町内民間業者が導入した水素で走る燃料電池車(FCV)計19台がお披露目された。

[PR]

残り:254文字 全文:503文字

続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒鹿追に水素製造拠点 燃料の地産地消に弾み 道東でのFCV普及目指す
⇒メタノール生成の実験棟完成 30年度商業化目指す 興部
⇒再エネの地産地消広がる 網走や稚内で地域新電力 燃料高で経営懸念も

ページの先頭へ戻る