ベルト2本切断し落下か えい航中の観光船カズワン 潮流で負担

05/24 19:34 更新
カズワンが落下した後、作業船「海進」の船上で、作業する関係者。カズワンの船体にかけていたナイロン製ベルトが切れている(左下)=24日午後0時35分、斜里町の知床半島沖(本社ヘリから、野沢俊介撮影)
カズワンが落下した後、作業船「海進」の船上で、作業する関係者。カズワンの船体にかけていたナイロン製ベルトが切れている(左下)=24日午後0時35分、斜里町の知床半島沖(本社ヘリから、野沢俊介撮影)

 【斜里】オホーツク管内斜里町の知床半島沖の沈没現場からえい航中の観光船「KAZU Ⅰ(カズワン)」(19トン)が24日午前、水深約180メートルの海底に落下した問題で、カズワンをつり上げていたナイロン製ベルト(スリング)5本のうち船体後方にかかっていた2本が切れていたことが、海上保安庁関係者への取材で分かった。

[PR]

 海保は潮流などで2本のベルトに過重な負担がかかって切断され、船体が落下した可能性があるとみて原因を調べている。船体の前方にかかっていた3本のベルトは切れていなかった。

残り:212文字 全文:563文字

続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒「せめて弟の近くに」 姉、船上へ冷たい海へ 悲しみに暮れるウトロ
⇒入り交じる「非日常」に心晴れず 知床沈没事故1カ月の斜里町を歩く
⇒知床の不明者、道内在住は4人か 「まだ信じたくない」「どこかで生きていて」

ページの先頭へ戻る