胆振管内208人感染 室蘭の病院でクラスター

05/11 21:44 更新

 道は11日、胆振管内で新たに208人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。前日より5人減ったものの、前週の水曜日より129人増えた。感染者が前週の同じ曜日を上回るのは4日連続。直近7日間(5~11日)の感染者数は1170人で、前週よりも2人増えた。前週を上回るのは9日ぶり。

[PR]

 日鋼記念病院は11日、室蘭保健所からクラスター(感染者集団)に認定されたと発表した。同病院は職員13人、患者1人の感染を確認、診療体制を縮小した。製鉄記念室蘭病院は、患者2人と看護師1人の感染を発表。登別市の三愛病院も、患者と職員1人ずつの感染を発表した。

 胆振教育局は、登別明日中等教育学校の生徒が感染、当面学級閉鎖するとした。室蘭市教委は、みなと小、旭ケ丘小、蘭北小でそれぞれ児童1人、東明中で生徒2人、桜蘭中で生徒4人の感染を発表した。登別市教委も幌別西小で児童2人が感染し、当該2学級を閉鎖する。登別市は幌別西児童クラブで児童1人、富士保育所で幼児1人、栄町保育所で職員1人が感染したため該当クラスを16日まで閉鎖する。洞爺湖町教委は町内の保育所で幼児4人と職員1人が感染し、15日まで休所する。

 伊達市は教育部の職員2人の感染を発表。登別市は総務部と教育部の職員計3人、市消防本部の職員2人が感染したと発表した。

ページの先頭へ戻る