主要

レスリング文田、皆川が準決勝へ 競泳リレー男子は6位、第10日

08/01 13:53 更新
男子グレコローマン60キロ級2回戦 中国選手を攻める文田健一郎=幕張メッセ
男子グレコローマン60キロ級2回戦 中国選手を攻める文田健一郎=幕張メッセ
  • 男子グレコローマン60キロ級2回戦 中国選手を攻める文田健一郎=幕張メッセ
  • 男子400メートルメドレーリレー決勝 3分29秒91の日本新で6位に入り、笑顔の(左から)入江陵介、武良竜也、水沼尚輝、中村克=東京アクアティクスセンター
  • 女子400メートルメドレーリレー決勝のレースを終え、スタンドに手を振る池江璃花子。左は渡部香生子、右は五十嵐千尋=東京アクアティクスセンター

 東京五輪第10日の1日、レスリング男子グレコローマンスタイル60キロ級で優勝候補の文田健一郎(25)=ミキハウス=と、女子76キロ級の皆川博恵(33)=クリナップ=が準決勝に進んだ。

[PR]

 競泳最終日は男女の400メートルメドレーリレーが行われ、男子の日本は日本新をマークして6位、池江璃花子(21)=ルネサンス=らの女子は8位だった。

 フェンシング男子フルーレ団体で、日本は初戦の準々決勝でイタリアに勝ち準決勝に進出。

 新種目の自転車BMXフリースタイル・パーク決勝は、男子の中村輪夢(19)=ウイングアーク1st=が5位、女子の大池水杜(24)=ビザビ=は7位だった。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る