くらし

チキンソテーの皮をパリパリにするには?

06/13 05:00
皮がパリパリに焼き上がったチキンソテー(星野雄飛撮影)
皮がパリパリに焼き上がったチキンソテー(星野雄飛撮影)
  • 皮がパリパリに焼き上がったチキンソテー(星野雄飛撮影)
  • アルミホイルと重しの鍋をのせ、弱火でじっくり焼く

<ポイント>弱火でじっくり水分抜く 下味に油、肉もジューシーに

 鶏肉を焼くだけで簡単に作れるチキンソテー。材料と味付けがシンプルで、調理法により大きく差が出る料理です。「青ちゃん」こと札幌の料理研究家の青山則靖さん=キッチンサポート青主宰=は「火加減や下味の付け方を工夫すれば、お店のように皮はパリパリ、肉はジューシーに焼き上げられる」と話します。

[PR]

 皮がパリパリのチキンソテーを作るとき、最も気をつけたいのが火加減です。青ちゃんは「『カリッとさせるときは強火』というイメージがありますが、弱火でじっくり熱し、皮から水分を抜くのがポイント」と話します。また、弱火で時間をかけて加熱すれば、タンパク質が急激に固まって肉が硬くなるのを防ぐことができます。

残り:779文字/全文:1103文字

全文はログインすると読めます。ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
ページの先頭へ戻る