北海道

ススキノのニッカ巨大看板に「消灯」要請 感染者増で

05/03 22:35 更新
明かりが消えたニッカ看板=3日午後9時10分、札幌市中央区のススキノ交差点(小川正成撮影)
明かりが消えたニッカ看板=3日午後9時10分、札幌市中央区のススキノ交差点(小川正成撮影)

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、3日夜、札幌・ススキノ交差点のシンボルであるニッカウヰスキーの看板「キング・オブ・ブレンダーズ」の明かりが消された。札幌市内では2日に過去最多の246人の感染が確認され、市が人出を抑える狙いで観光施設や民間商業施設の所有者に「消灯」を要請。ウイスキーをブレンドする名人で看板のモデルの「ローリー卿」も、街ににぎわいが戻る日をじっと待つ

[PR]
ページの先頭へ戻る