ニュース

UFOを見たら報告・撮影を 防衛相が初の指示

09/14 22:02 更新

 河野太郎防衛相は14日、自衛隊に対し、未確認飛行物体(UFO)に遭遇した際の対応に関する初めての指示を出した。警戒監視や領空侵犯に対応する隊員らに対し「報告に万全を期すとともに、可能な限り写真撮影などの記録に努め、必要な分析を行うこと」を求めた。

[PR]

 UFOを巡っては、米国防総省が今年4月、円盤状の物体が飛んでいる映像を公開。これを受け、河野氏は「私はあまりUFOを信じていない」としつつ、自衛隊が遭遇した際の手順を定める考えを示していた。

残り:97文字/全文:317文字

全文はログインすると読めます。ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
ページの先頭へ戻る