北海道

ススキノ感染店名流出 保健所資料 系列含め飲食27軒

08/07 05:00

 札幌市保健所が作成している、新型コロナウイルス感染者が従業員や客に出るなどした中央区・ススキノ地区の飲食店の店舗名リストが、外部に流出していることが6日、分かった。リストは接待を伴う27飲食店の店舗名が記された内部資料。市幹部は流出の事実を認め、市が経緯を調べている。

[PR]

 流出したリストは7月27日付で、店名と業態、住所や注意観察が必要な期間が記載されている。情報の分量はA4判用紙3枚分で、流出した最初の情報が電子データか紙の形かなど、詳しい状況は不明だ。

 また、ハートマークの数で感染リスクの高さを「注意レベル」として3段階表示。レベル3「利用客及び従業員から陽性者が発生した店舗」に5店を挙げ、「従業員から陽性者発生」などのレベル2に9店、「従業員から陽性者が発生した店舗の系列」などのレベル1に13店を挙げた。

 市は、電話相談窓口で店の利用や滞在の状況について客や従業員らから聞き取る際、PCR検査の必要性を判断するためにリストを作成。実際の相談業務は民間企業が受託している。

 関係者によると、リストの一部はインターネットの掲示板などにも流出しており市は状況を調べている。

残り:117文字/全文:607文字

全文はログインすると読めます。ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
ページの先頭へ戻る