北海道

2029年の眺望、ドローンで体験 札幌駅南口に新ビル計画

03/22 10:27
高度230メートルからの札幌の街。右端はJRタワー=19日朝(写真6枚を合成。許可を得て小型無人機を飛行させて撮影)
高度230メートルからの札幌の街。右端はJRタワー=19日朝(写真6枚を合成。許可を得て小型無人機を飛行させて撮影)

 札幌市やJR北海道などが札幌駅南口の中央区北5西1、西2街区に計画中のビルは、完成すれば道内一の高さとなる。新ビルからの眺望を、小型無人機(ドローン)を使って一足早く体験してみた。

[PR]

 2030年度末予定の北海道新幹線札幌延伸に向けて計画が練られ、完成は2029年秋とされる。2棟のうち西1街区の棟は地上47階、高さ230メートル。予定地隣にあり、現在道内で最高のJRタワー(38階、173メートル)を上回る。

残り:135文字/全文:373文字

全文はログインすると読めます。ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
ページの先頭へ戻る