介護

続編・4<在宅介護のサービス>訪問系、通所系 家族のリフレッシュにも

07/22 17:00
続編・4<在宅介護のサービス>訪問系、通所系 家族のリフレッシュにも

<質問>  同居する義母に、もの忘れやトイレの失敗が増えてきたので、要介護認定を受けたところ要介護2でした。夫と義母の3人暮らしですが、夫は仕事があるので、主に私が介護をしています。夜間のトイレ介助などもあり、睡眠不足で体力も気力も厳しい状況です。わが家のような場合、介護保険をどのように使うのがいいのでしょうか。

[PR]

<回答> お母さまのことも心配ですが、介護しているあなたは大丈夫でしょうか。

 在宅介護では、介護を必要とする人を複数人で支えることで、気持ちを休められますが、一人だけでは負担が重くなってしまいます。頑張りすぎて、あなたが倒れてしまってはいけません。

 在宅介護が円滑に続けられるよう、訪問系サービスと通所系のサービスを検討してはいかがでしょう。

 「訪問介護」では、日中・夜間に自宅を訪問し、身の回りの介護サービスを提供します。住み慣れた自宅で介護が受けられる半面、自宅に他人を受け入れて、プライベートなことをお願いすることになります。

 通所系には「デイサービス」「デイケア」などがあります。それぞれ食事、入浴、送迎、レクリエーションなどのサービスが受けられます。さらにデイケアは、医師の指導のもとに、身体・認知機能・日常生活動作の維持、回復を目的として、国家資格を保有しているリハビリ専門職員が訓練や体操などを行います。

残り:880文字/全文:1446文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る