北海道

「北海道のあすのために働きたい」高橋さん 道選挙区

07/22 00:12 更新
花束を手に支援者に握手を求める高橋はるみさん=21日午後8時35分、札幌市中央区の選挙事務所
花束を手に支援者に握手を求める高橋はるみさん=21日午後8時35分、札幌市中央区の選挙事務所

 「道民一人一人に心から感謝したい。国政の場で北海道の明日のためにしっかり働きたい」。投票締め切り直後の21日午後8時すぎ、初当選が確実となった自民党新人の高橋はるみさん(65)は札幌市中央区の選挙事務所で満面の笑みを浮かべ、感謝を述べた。

[PR]

 選挙戦では道知事を4期16年間務めた経験を基に「9人の候補の中で一番、北海道の課題を理解している」とアピールした。争点と位置付けた社会保障制度については当選確実後、「人生100年時代。持続可能な社会保障、年金制度をつくりたい」と強調。「胆振東部地震でエネルギー供給の脆弱(ぜいじゃく)性を痛感した。北海道と本州を結ぶ北本連系線の充実にもしっかり取り組む」とも訴えた。

ページの先頭へ戻る