室蘭胆振

気分は「キハ183系」運転士 安平・道の駅で内部公開始まる

07/21 05:00
公開されたキハ183系初期型の運転席に座って楽しむ子ども
公開されたキハ183系初期型の運転席に座って楽しむ子ども

 【安平】胆振管内安平町追分地区の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」で20日、北海道専用特急用ディーゼル車「キハ183系」の初期型車両の内部公開が始まった。観光客らが車両内部で写真を撮影するなどして楽しんだ。

[PR]

 キハ183系初期型は、道内の鉄道愛好家グループ北海道鉄道観光資源研究会(札幌)がクラウドファンディングで取得し、同会の申し出で6月から道の駅横に展示されている。

 この日は特別公開として運転席も公開され、親子連れらがスタッフの解説を聞きながら機器などを見学した。

残り:169文字/全文:410文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る