北海道

なつぞらロケセット公開 「天陽の家」帯広の真鍋庭園で

07/20 19:56
帯広市の真鍋庭園で山田天陽の家のロケセット公開を祝いテープカットをする出席者ら
帯広市の真鍋庭園で山田天陽の家のロケセット公開を祝いテープカットをする出席者ら

 【帯広、新得】十勝を舞台にしたNHK連続テレビ小説ドラマ「なつぞら」のロケで使われたセットの一般公開が20日、帯広市の観光庭園「真鍋庭園」で始まった。主要ロケ地の十勝管内新得町と陸別町でも、主人公の故郷「柴田牧場」のセットなどの公開を予定している。

[PR]

 真鍋庭園では、十勝ゆかりの画家神田日勝をモデルにした、俳優の吉沢亮さん演じる山田天陽の家のセットを公開した。撮影のため市内の別の場所にあったものを移設した。米沢則寿帯広市長らがテープカットを行い、帯広観光コンベンション協会の梶原雅仁会長は「セットの公開はここが初めて。ほかの場所でも公開されるので多くの観光客に十勝を訪れてもらいたい」と述べた。

 今月中には同庭園で天陽のアトリエ(馬小屋)、新得町新得西4線のロケ地で柴田牧場の木製看板や橋、主演広瀬すずさんが座った丸太ベンチを公開する予定。また陸別町の道の駅では今秋、同牧場のサイロの展示を始める予定。

 問い合わせは帯広観光コンベンション協会(電)0155・22・8600、新得町観光協会(電)0156・64・0522へ。(正井晶子、菊地信一郎)

ページの先頭へ戻る