主要

台風5号、五島、対馬に大雨特別警報 気象庁「最大級の警戒を」

07/20 13:53 更新
台風5号の予想進路(20日9時現在)
台風5号の予想進路(20日9時現在)
  • 台風5号の予想進路(20日9時現在)
  • 大雨の影響で山から大量の水が流れ出た、長崎県五島市岐宿町川原の道路=20日午前(住民提供)

 大型の台風5号は20日、黄海を北上した。西日本は台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込み、九州北部を中心に大雨となった。気象庁は長崎県に大雨特別警報を発表。大雨・洪水警戒レベル(5段階)は5月29日の運用開始以来、初めて最も高い5になった。

[PR]

 警報の対象は五島市、新上五島町、小値賀町、対馬市、西海市の江島、平島、佐世保市宇久地域で、20日夕方まで大雨が続く恐れがある。気象庁は記者会見を開き、土砂災害警戒区域などでは「直ちに命を守るために最善を尽くす必要がある状況。災害が起きないと思われるような場所でも最大級の警戒が必要だ」と呼び掛けた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
ページの先頭へ戻る