釧路根室

ヨーカドー釧路店 後継テナント探し難航 市も支援模索

07/21 19:13 更新
イトーヨーカドー釧路店が入っていたビル3階で営業を続ける専門店(茂忠信撮影)
イトーヨーカドー釧路店が入っていたビル3階で営業を続ける専門店(茂忠信撮影)

 イトーヨーカドー釧路店(釧路市新橋大通6)が閉店して20日で半年を迎える。地域の中核商業施設だっただけに後継テナントの早期決定を願う市民は多く、同店が入居していたビルの管理会社はテナント探しに奔走する。ただ交渉は難航しており、再生に向けての道筋は不透明だ。

[PR]

 ヨーカドー釧路店は1981年開店。ピークの92年に売上高は100億円を超えたが、郊外型ショッピングセンターとの競争による売り上げ不振で近年は最盛期の6割以下にまで落ち込み、1月20日に閉店した。

 閉店後も1階の北洋銀行や3階専門店街の一部テナントが営業を続けるが、3階を訪れる客はまばらだ。「靴のとまと屋」は9月中に閉店し、10月から市内の他の商業施設に移転する。同店を経営するサワダバッグの沢田良男社長は「ヨーカドーの閉店で来店客が4割減った」と打ち明ける。

残り:539文字/全文:899文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る