北見オホーツク

名寄線代替バス 夏も乗り放題 「パスポート」冬の好評で

07/20 05:01
フリーパスで乗れる名寄線代替バス
フリーパスで乗れる名寄線代替バス

 【紋別】紋別市など旧JR名寄線沿線の自治体でつくる「名寄線代替バス運営協議会」(会長・宮川良一紋別市長)は、旧沿線の名寄―遠軽間7市町村を結ぶ路線バスが乗り放題になる「名寄線代替バス・フリーパスポート」を8月末までの期間限定で販売している。冬の観光時期に扱っている商品だが、利用促進を兼ねて夏も販売することにした。

[PR]

 名寄線代替バスは、1989年に廃線となった名寄線の沿線市町村を結ぶ路線バス。遠軽、湧別、紋別、興部、西興部、下川、名寄を結ぶ175キロを北紋バス(紋別市)など3社が運行している。同協議会は昨年から、2、3月の冬の観光時期にフリーパスポートを販売。昨年は58枚、今年も60枚の利用があった。

 パスは2日券と3日券の2種類。2日券は大人(中学生以上)3千円、3日券は大人4200円で、子ども(小学生以下)はいずれも半額。

残り:248文字/全文:615文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る