北方領土

北方領土墓参 第2陣が根室出発

07/18 10:48
「えとぴりか」の船上から見送りに来た市民らに手を振る団員たち=18日午前8時50分、根室港
「えとぴりか」の船上から見送りに来た市民らに手を振る団員たち=18日午前8時50分、根室港

 【根室】北方領土の元島民らが古里の墓地を訪れる北方領土墓参(道主催)の本年度第2陣が18日朝、チャーター船「えとぴりか」(1124トン)で択捉島に向けて根室港から出発した。6月の第1陣は荒天で中止となったため、今回が本年度最初の北方領土墓参となる。

[PR]

 一行は秋田県の伊藤光作さん(84)を団長とする51人。19日に択捉島に上陸し、ペケンリタ、オダイベケの両墓地を訪問する。墓参を検討していた同島のウエンバフコツ、内保(ないぼ)は、ロシア側から立ち入りが認められず、内保沖からの合同洋上供養とする。北方領土墓参での訪問は、ペケンリタは9年ぶり、オダイベケは8年ぶりになる。

残り:107文字/全文:392文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る